2021年7月15日

●先日のノジマで浴衣姿の女性を見かけた。きうり天王など夏の催しが減り、浴衣をどこに着ていけばよいのかと思う人も多いはず。今はこらえ時、と一年半もこの状態が続いては自身を堰止めることは難しくなる。
大好きなカラオケや食事会を我慢し休みの日は一人で過ごしているが、月一回のご褒美と、感染防止対策をとりロジマに出かけている。同じ思いの人はやはり多いのか、密集は避けたいが「仲間」がいると心底うれしい。
昨年よりは色々とイベント開催に向け動きが出てきたが、なぜ青空市場が開催されないのだろうか。大きなイベントに比べれは何てことはないものだが毎回楽しみにしていた。朝採り野菜やホカホカの「おこわ」を近所で安く買え、生産者との会話も楽しく早起きで健康的だ。是非、再開を検討してほしい。

【市内・一購読者】


2020年7月22日

●「ながぬまさくら紀行スタンプラリー」が途中で中止に、須賀川の桜祭りでは設置した提灯を、釈迦堂川上空を泳ぐ鯉のぼりを取り外した。
大勢で花々を観に行くことはなくても「STAY HOME」ばかりでは息が詰まってしまう。気晴らしに外の綺麗な空気を胸一杯に吸って、綺麗な花を愛でる。その位の事は許されて良いのではないか。まだまだ感染者が多い特定警戒都道府県の東京や神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡など七都道府県などに要請するのは妥当だとしても、最近コロナが落ち着いている須賀川・岩瀬郡内にも要請延長されては、飲食店や商店など死活問題に繋がってしまう。状況を把握して市独自のことをやってほしい。


【市内・一購読者】



2020年6月22日

芸人でタレント男性の不倫報道が過熱して連日にぎわっているが、一人ばかりでなく何人もの不倫相手がいたというから厭きれる。一番可哀相なのは奥さんと子供に思う。もち論、男性は妻子があるのに不倫していたのだから世間的には極悪人だが、不倫は一人ではできない。
今回の騒ぎは、不倫相手だった女性がリークして発覚したことだが、女性らも男性が妻子があると分かっていたはずだから、被害者面しているのはおかしく、納得いかない。男性は何本ものTVに出演、MCも務め、夫婦でCM出演もしていた。ほとんどが無期限で出演自粛。天狗になって不倫しまくった代償は大きい。夫人が詫びのコメントを出したのが痛々しく、気の毒だった。

【市内・一購読者】



2020年6月4日

最近、道路の白線が消えているところが多すぎる。特に、一時停止や横断歩道が消えかけているところが多い。警察が取締りをするのだろうが、線が消えているのに取締りができるのだろうか?
歩行者が横断歩道を渡っていても、線が薄いのでは車の運転手はわかりづらい。事故を減らすには、まずは、道路の白線をしっかりと。

【市内・一購読者】